Pocket

『やすらぎの郷』

テレビ朝日で月曜日から金曜日までやっている昼のドラマ
しばらく見れてなかったんだけど、録画していいたものを昨日から一挙見している。

単純に面白いんだよね。
一人一人の登場人物が深くて、魅力的なんだよ。
これだけの大御所が集まると、それだけで見応えがある。

話は変わるけど

最近の世の中が特別荒れているとは思うことは無いけど、
やはり人間同士の関係性は薄くなっている気はするね。

関係性が薄くなると接する部分が減るわけだから、感謝の気持ちなんかも薄くなる。
そうなると、間接的にでも誰かに迷惑かけるとかそういう気持ちも無くなる。

僕は凄く怖いことだと思う。

もしかしたら人によっては関わり合いが減ることで生きやすいと思う人もいるかもだけれど、
僕はそうは思わ無いんだよね。

自分は嫌だから、これはしない。
自分が思う通りにいかないから、これはしない。
こんなことだけが増えていったら、本当にどうにかなっちゃう。

本当に困っていない時には『助けて』と言うくせに、
本当に困っている時には『助けて』と言えない。

だからこそ、コミュニティの一つ一つが小さくても必要なんだと思う。
出来ることならば、お互いにね顔を合わせて繋がれるようなね。

『やすらぎの郷』を見ているとね、温かい気分になるんだよね。
お節介で、個性があって、人自身に興味があって、困ったら解決するためにコミュニケーションを使う。
だからちょっとしたシーンで考えさせられるし、思わず笑ってしまったりする。

『昭和的な』なんて言われたらそれまでなんだけど、
その面倒くささが人間らしいという気がするんだよね。

僕は小さなお店をやっているけど、『人との繋がり』を大事にしたい。
大事にするという事はあの人嫌い!ってことも含まれるんだよね。
そこも含めて人付き合いだから、嫌われても、嫌がられても思った事は話せるような環境づくりはしていきたいんだよ。

色々な人の意見があると思うけど、僕はこう思っている。
現代的なフィットはしないのかもしれないけれど、それでも繋がりたいと思っている。

何より、直接会って、関わりあって、情報交換して、美味しいもの食べたり、酒飲んだり、
音楽聴いたり、本物見たり、これって凄く人生を豊かにしてくれる。

仲間に入れてもらえない時は反省したりすることもある。
コミュニティがそうやって教えてくれる事もあるんだよね。

まぁ、何が言いたいかというと、
かまってくれる皆様、いつもありがとうということ。

少し疲れ気味だったけど、昨日はゆっくりして、
本やネットから色々な情報を入れて有意義に過ごしていたら元気になってきて、
また明日からの日々を感謝で迎えられるように書き留めておこうと思いました。

皆様、素敵な日曜日を!